CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版]
百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版] (JUGEMレビュー »)
池澤 夏樹,アッバス・キアロスタミ,フリーマン・ダイソン,鄭 義,クロード・レヴィ=ストロース,小崎 哲哉,Think the Earth Project
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Dexter Green Label

上海より世界の環境活動をぎゅっとまとめてお届けします
<< Fabrica | main | 武器に花を咲かせましょう。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
山。海。太陽。
MOUNTAIN, OSEAN, SUN-----
それぞれの頭文字をとってみると 「MOS」
モスバーガーの名前の由来がこうなっていたとは。。。知らなかったです。



近年環境問題に取り組む会社が多い中で、
(そしてそれを大々的に宣伝する会社が多いですが)
創業当時から環境を意識した企業作りをしているという意味でいわばエコ老舗企業と言っていいのではないでしょうか?

モスフードサービス 社会環境活動

●1972年の創業時から店内でのホットドッグは陶器プレートにて提供、
ハンバーグ類は袋状の紙にて提供。

*これを知ってあっと思いました。
そういえば他社のハンバーガーは大きな紙で包装されているのにモスバーガーは袋状、紙面積がまるで違いますよね。

●1990年、都内で試験的にガラス食器と金属スプーンの使用、持ち帰りの袋は再生紙に切り替え

●1995年、全国でガラス食器に切り替え

●1999年、ホットドッグパッケージをを紙容器に変更

●2001年、サラダ容器・ポテト袋等に非木材紙(葦)を使用

●2003年、 お持ち帰り用ポリ袋の 使用削減活動開始

●2004年、モスライスバーガーの袋を発泡ポリエチレンからパルプ系繊維へ(発泡容器全廃)お持ち帰り用ポリ袋の軽量化

●2005年 未ざらし紙袋の導入

時代が変わっても環境への取り組みに対して変わらない姿勢はすばらしいですね。
しかも環境を意識してというよりはなるべく石油素材を使わないほうが美味しく食べてもらえるだろう、とそんなアイデアからだそう。

さらに詳しくはこちら↓
ロハス企業レポートより

環境への取り組みだけにとどまらず、食材へのこだわりやキッザニア等、今後も目が離せない企業だなと感じました。
| JAPAN-company- | 12:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:04 | - | - |
タイトル見てピンときたのは私くらい!?
実はモスの名前の由来とスロー精神に感銘を受けて、大学時代の夏休みに白馬のモスに住み込んでバイトしたことが。
最近ではモスお持ち帰り用のエコバッグが店頭にあったような。
アンナとエコ談義なんて今までしたことなかったけど、今度会った時はいろいろ聞かせてほしいわ。

で、こないだのコメントのお返事。
廊下でダンス?
全く憶えがございません。
| 奈都子 | 2007/11/07 3:32 PM |
なーんと!
大好きなモス、ますます大好きになりました〜!!
創業当時からってのがすばらしいです。
なかなかないですよね。
私も仕事上で環境を意識した方向性に微力を
注げるかもしれずそのうちに・・・と思ってます。
リンクさせていただきまーす。

| ココチャイナ | 2007/11/07 9:22 PM |









http://vicedexter.jugem.jp/trackback/8