CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版]
百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版] (JUGEMレビュー »)
池澤 夏樹,アッバス・キアロスタミ,フリーマン・ダイソン,鄭 義,クロード・レヴィ=ストロース,小崎 哲哉,Think the Earth Project
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Dexter Green Label

上海より世界の環境活動をぎゅっとまとめてお届けします
| main | 検索で地球を救う? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「私は布袋」と白色汚染
エコバッグにまつわる中国のニュース2発です。

●中国大連:市民にエコバッグが人気「私は布袋」 [CNS PHOTOより]


遼寧省大連市で、「私は布袋を持つ 私は大連を愛す。私は布袋」と題された環境保護運動が広まっている。国外人気の「私はビニール袋ではありません」と書かれている「アニヤ・ハインドマーチ」ブランドのエコバッグにヒントを得て、大連市婦女連合会と「大連日報」が共同で「私は布袋」と書かれたバッグを約1万個準備し、市民に無料で配布している。
同時に、
◆買い物バッグや買い物カゴを持ちスーパーの袋の利用を控える
◆ハンカチを持ち紙ナプキンの利用を控える
◆使い捨て食器や割り箸の利用を控える
などの行動を訴え、市民の反応も大きいという。


本家のアニヤのエコバッグは、北京と上海で販売とりやめになったんですよね。
台湾や他国での騒動から「安全のため」という理由で。本物じゃないものは街の至る所で見かけますがね、カラーバリエーションも豊富で。
それにしてもこの写真、「ヒントを得て」というかそのまんまでおかしいですね。

お次は、

●エコバッグ販売数、カルフール中国全店舗で100個  [中国情報局より」
大手スーパーマーケットのカルフールによると、同社では2006年8月から買物客にレジ袋の利用を控え、エコバッグの使用を勧めるキャンペーンを行っている。店内で販売されているエコバッグには「中国の環境保護事業へのご支援、ありがとうございます」と書かれているが、客はほとんど反応せず、単に陳列されている状態が続いているという。11日付で重慶晨報が伝えた。
同社の中国にある店舗で発売されているエコバッグの価格は小さいもので3元、大きいもので7元と手ごろな価格だが、これまでに売れたのはわずか100個程度だという。同社の関係者は「エコバッグを販売しても利益はゼロだが、市民が環境問題を考えるきっかけになれば良いと考えている」とコメントした。


こちらの記事は日本語でしたが信憑性は?です。似た内容の記事を本日付の別の中文新聞で発見しましたが、そこには「エコバッグの販売は倍増傾向にある」と伝えられていました。だとすると「重慶晨報」だけにカルフール重慶店が100個ってことなんでしょうかね、じゃないと中国全土で「これまで100個」ってことはありえないですよね。訳した方はそこを明確にしてほしかったものです。じゃないとこの日本語の記事のみ読んだ日本人(特に日本在住の方)は「中国意識薄っ」って思ってしまいますよね。

中国ではレジ袋を無駄にもらったり捨てたりすることを「白色汚染」と言うそうです。
私から見たら中国より日本の方が白色汚染がひどい!
中国の方はレジ袋クタクタになるまで何度も何度も使ってますものねー。






| CHINA -life- | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:26 | - | - |









http://vicedexter.jugem.jp/trackback/1