CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版]
百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版] (JUGEMレビュー »)
池澤 夏樹,アッバス・キアロスタミ,フリーマン・ダイソン,鄭 義,クロード・レヴィ=ストロース,小崎 哲哉,Think the Earth Project
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Dexter Green Label

上海より世界の環境活動をぎゅっとまとめてお届けします
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
流行?


最近このサイトをよくチェックしています。
EcoLuxe

いま、新しいエコロジートレンドが始まっています。
「豊かさ」を愉しみながら「エコロジー的視点」をきちんと持つという姿勢。
決してストイックにならず、仕事も食事も遊びも積極的に楽しむ、ポジティブなエコ志向な人達。
たくさんの女性達が、そんなライフスタイルを選び始めています。


環境問題に対する意識というのは単独ではなかなかとっつきにくいものがあり、
また勉強しようと思うと果てしないです。

このサイトのように、ファッション的な意味合いを持たせて、結果流行で終わってしまったら意味がないけれども、それでも「あのブランドの靴が流行っている」という情報のように「カーボンオフセットという言葉を知らないのは時代遅れ」みたいな感覚で環境に関するキーワードを知っていくことはいいことだなと思います。

マクロビオテック、ナチュラルコスメ、エコバッグ、ゴミのリサイクル、ハイブリッドカー。。。
日本はゆっくりだけど環境意識をわが身として身に付けてきていますね。
中国はまだまだです。

それを少しずつ意識させていくことが私たちの会社のひとつの目標でもあるのです。





| JAPAN-life- | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スターバックス検証
スターバックスがはじめてできた当時私は京都で大学生でした。
プレオープンしていた鴨川沿いの京都三条店を偶然通りかかりコーヒーの試飲サービスに飛びついたことを覚えています。
そんなスターバックスが今や日本にも上海にも溢れていますね。

夏のスターバックス名物といえば透明の容器にグリーンのロゴが印象的ですが、
それをやめてほしいという活動が行われています。
スターバックスさん、おいしいコーヒーを使い捨て容器に入れないでキャンペーン。



この記事を読むまで気づきませんでしたが、
店内で飲む場合、ホットコーヒーだとマグカップで提供されるのに、アイスだと店内で飲む場合もすべて使い捨て容器。
実はこれがたいへんな資源の無駄遣いだというのです。
例えばペットボトル飲料だと、製造されてから店頭に並び、消費者が購入し、飲み、リサイクルへとある一定の期間がありますが、
それに比べスターバックスのようなコーヒーショップの容器は注文してから新品の容器に注ぎ、飲み終わるとゴミ箱に捨てられそのまま再利用はなしです。
たったコーヒーを飲む数十分のためだけに資源が使われていると思うとこんなにもったいない話はありませんね。

同じようにファーストフード店でも使い捨て容器が使われていますが紙の容器はプラスチックに比べコストがぐんと低いのだとか。

そして同じアジアの韓国ではなんと写真のようにすでに店内はアイスの注文もリユース容器で提供されているのです。
韓国は政府が環境に対して厳しく法律で義務付けられているためにこれは常識。
日本も中国も見習わなければいけません。

そのほかにもスターバックスを例に細かく見ていくと、

●容器に蓋は必要か? [×]
店内で飲む場合9割の人が蓋は必要ないと感じている。

●個別包装? [○]
お砂糖とミルクを自由に取れる個別包装がありますが、スターバックスの場合は好みの量をポットで入れられるようにしているのでこれはOK

●ゴミ箱 [○]
お客さんにもわかりやすい分別のゴミ箱設置。

●タンブラー [○]
これはスターバックスのオリジナル活動。店頭で販売されているタンブラーを持ち込みすることで(自分のマグカップでもOK)コーヒー20円引きになるシステムです。

●その他 [○]
従来熱さを緩和するために2重カップが用いられていたがカップの改良により1枚カップに。紙ナプキンは環境を配慮した非木材の竹パルプ使用。

これだけ多くの取り組みをしている企業なのだからアイス注文時の容器について、もう一歩というところですよね。

普段の生活でよくよく注意すると「あれ?これ必要ないんじゃ?」ってことがたくさん出てきますね。








| JAPAN-life- | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
検索で地球を救う?
インターネットで検索するという行動が地球環境保護に貢献できる。
そんな斬新な取り組みをはじめたのが「緑のgoo」、サーチエンジンでお馴染みのgooです。

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by


*;”今日からできる環境貢献”:*
緑のgooは地球にやさしい検索サービス。あなたの検索が地球環境保護に貢献します。
地球環境の悪化が叫ばれてます。例えば、私達が生活する上で次々と排出されるCO2のために地球の気温が上昇しつづけています。私達は、便利に暮らすだけではなく、未来の子供たちのためにもこのかけがえのない地球を守っていかなければなりません。私達にできることは何でしょうか?

gooでは環境保護団体と協力して国際的な環境問題への取り組みを実施します。いつも使っている検索を緑のgooに変えるだけで、今日から、0円で、地球環境に貢献することができます。毎日のなにげない行動から地球にやさしい生活をはじめましょう。


[緑のgooより]

仕組みはこうです。
gooを使って検索する→gooに収益が入る→うち15%を環境NGOに寄付
インターネットビジネスに詳しくないもので収益の詳細はわかりませんが、
それでも家でなんとなく調べものをしているだけで環境団体に寄付していることになるのならば今後はgooを使ってみようと思います。

おもしろいのはここで検索を重ねていくとトップのグリーンが成長していくんです。
ブログのある方は自身のブログにパーツを設定すればちょっとしたmy植物に。
「植物好きだけどすぐ枯らしちゃうんだよね〜」って方こそはじめてみてはいかがでしょう?






| JAPAN-life- | 13:33 | comments(6) | trackbacks(0) |